iMac macOS High SierraにBootCampでWindows 10 April 2018 Updateをインストールする方法

スポンサーリンク

macOS High Sierra(ハイシエラ)バージョン10.13.5 をインストールした iMacに、2018年4月にバージョンアップ公開された Windows 10 April 2018 UpdateをBoot Camp(ブートキャンプ)を使ってインストールしてみました。

Boot Camp は Mac にmacOSを残したまま、Windows をインストールできる機能で、macOS とWindows10を切り替えて使うことが出来ます。

Macを使っていると「どうしてもWindowsのこのソフトが使いたい」ということがあるので、わざわざWindow パソコンを買わなくても対応できるので便利ですね。

 

iMacにWindows 10 April 2018 Updateをインストールする手順

iMacにWindows 10 April 2018 Updateをインストールする流れを簡単に説明すると以下のようになります。

1.8GB以上のUSBメモリとWindows10のプロダクトキーを用意する。

2.Microsoftの公式サイトからWindows 10 April 2018 Update のISOファイルをダウンロードする。

3.macOSのBoot Camp アシスタントを起動し、Windows10のISOファイルをUSBメモリにコピーする。

4.Macのパーテーションを分割する。(iMacのHDDをmacOS用とWindows10用に分けること。)

5.Windows10をインストール。

 

1.USBメモリとWindow10のプロダクトキーについて

Boot CampでWindows10をMacにインストールするためには、8GB以上のUSBメモリが必要になります。

USBメモリにWindows10のISOイメージファイルをコピーして使うのですが、実際にコピーすると7.5GB使用しています。

僕は16GBのUSBメモリを使用しました。

 

Windows10のプロダクトキーについては、他のパソコンで使用していないWindows10のプロダクトキーを用意します。

amazon等でプロダクトキーだけを購入することも出きます。

 

 

2.Windows10のダウンロード

マイクロソフトの公式サイトからWIndows10のISOイメージファイルをダウンロードします。

◯ Windows 10 のディスクイメージのダウンロード

 

ISOファイルは64bit版をダウンロードしました。

ファイル名は「Win10_1803_Japanese_x64.iso」となっているので「April 2018 Update」ですね。

ファイル容量は4.63GBあるようです。

 

次はiMacでBoot Campを起動します。

 

3.Boot Camp でUSBメモリにISOイメージをコピー

Boot Camp を起動します。

LaunchpadからBoot Campを起動します。

 

Launchpadの「その他」を開きます。

 

「その他」の中です。

 

これがBoot Campアシスタントです。

 

Boot Camp アシスタントを起動しました。

「続ける」をクリックします。

 

すでに2つにチェックが入っていますが、そのまま「続ける」をクリックします。

 

先程ダウンロードしたWindows10のISOファイルとUSBメモリの保存先を指定して「続ける」をクリックします。

 

「続ける」をクリックします。

 

 

USBメモリの消去中。

 

「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード中・・・」

 

「Windowsサポートソフトウェアを保存中・・・」

 

ここまで1時間程かかりました。

 

パスワードを求められるのでmacOSのログインパスワードを入力して「OK」をクリックします。

 

 

4.Windows用のパーテーションを分割

iMacではもともとドライブがひとつでしたが、これを分割してWindows用のドライブを作ります。

最初はWindows用のドライブは40GBに設定されていますが、macOSとWindowsの間の「・」をドラッグすることで自由にパーテーションのサイズを変更することが出来ます。

 

僕は40GBでは少し少なすぎると思ったので82GBに設定しました。

しばらくやってみましたが100GBとか80GBのようにピッタリの数字にはなりませんでした。

サイズを指定したら「インストール」をクリックします。

 

パーテーションの作成後Windowsファイルをコピーします。

 

またmacOSのログインパスワードを入力します。

 

iMacが再起動して、Windows10のインストールが始まります。

 

Windows10のセットアップが始まります。

通常のWindows10のせってアップと同様です。

「次へ」をクリックします。

 

Windows10のプロダクトキーを入力して「次へ」をクリックします。

 

ライセンス条項に「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

 

 

ここで、Windowsのインストール場所を指定しますが、そのままではインストール出来ませんでした。

 

そのため、BOOTCAMPのドライブをフォーマットしました。

間違って他のドライブをフォーマットしないように気をつけてください。

 

「OK」をクリックします。

 

再度インストールしたいドライブを指定して「次へ」をクリックします。

 

WIndows10のファイルのコピーが始まります。

 

わりとサクサク進みます。

 

再起動がかかります、ここまで約10分。

 

WIndowsが起動します。

 

日本を指定し「はい」をクリック。

 

そのまま「はい」をクリックします。

 

「スキップ」をクリックします。

 

 

有線LANに繋いでない場合は選択肢がないので「今はスキップ」をクリックします。

 

Windows10で使用するユーザー名を入力し、「次へ」をクリックします。

 

 

パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

 

確認でもう一度パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

 

セキュリティの質問と答えを3つ設定します。

 

コルタナの指定を選択します。僕は「いいえ」をクリックしました。

 

「同意」をクリックします。

 

Windows10 が立ち上がりました。Boot Campインストーラが始まります。

 

「次へ」をクリックします。

 

「使用承諾契約書に同意します(A)」にチェックを入れて「インストール」をクリックします。

 

Boot Campのインストール中。

 

10分程度でインストール終了。

 

再起動をします。

 

Boot CampでのWindows 10 April 2018 Updateのインストールが終了しました。

 

バージョンは「1803」なので「Windows 10 April 2018 Update」だということがわかりますね。

おすすめの記事

BootCampでmacOS High Sierra と Windows10を切り替えする方法

Boot Camp で Windows 10のマウスのスクロール方向を逆向きにする方法